恵方巻に乗った赤鬼

もうすぐ『鬼は外~福は内~!』 節分ですね。
本来、節分とは季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。
ところが、旧暦では春から新しい年が始まったため、立春の前日の節分(2月3日頃)は、
大晦日に相当する大事な日でした。そこで、立春の前日の節分が重要視され、
節分といえばこの日をさすようになったのです。
小ざくらや一清では毎年節分にちなんだお菓子を販売します。
左の写真は『恵方巻に乗った赤鬼』 毎年人気の商品です。
その他、数種類の生菓子が店頭に並びます。お楽しみに!

ジェイアール名古屋高島屋では、赤・青・黄の鬼さんの限定商品が並びます。

※『恵方巻に乗った赤鬼』は本店・名鉄店のみの販売となります

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください