和菓子 ほわれ 小ざくらや一清

予告! 新作『ほわれ』ふわふわ和風オムレット

和菓子 ほわれ 小ざくらや一清 2014年より研究を重ねてきた菓子がついに商品化! 菓子を作るにあたって、様々な疑問がある。 その疑問は 「なぜ菓子は出来るのか?」 から始まった。 今まで多くの疑問を一つ一つ解決していき その都度新しい商品が出来上がった。 今回の『ほわれ』については こんな疑問だ。 「なぜどら焼きは鉄板で焼かなくてはならないのか?」 かなりの時間を費やしストイックに追及しました。 熱の科学から勉強し、材料の分析 そして見えてきたのは洋菓子でした。 鉄板ではなくオーブンで焼くと、まったく違う菓子に変身したわけです。 そこからは多くの方々の協力のもと、理想の商品に近づけていきました。 まず取り組んだのは商品名と商品イメージ いつも製品自体を完成させる前にイメージ作りから始めます。 今回は製品名にもなる『ほわれちゃんのストーリー』を

デザイナー 山中さん
デザイナー 山中さん

小ざくらや一清の包装資材をメインでデザインして いただいている 東京倉田包装の山中さんとともに 完成させました。 キャラクターも出来上がり、コンセプトがはっきり しました。そこからが菓子職人としての最大の こだわりの部分です。究極の卵を養鶏場の協力のもと 作り上げました。私共の工場から1時間以内で行ける 一宮市の「浮野養鶏」さん こちらで扱う「尾張の卵」というブランド卵をさらに濃厚卵白を 増加させる為の一大プロジェクトに乗り出しました。この卵の研究は個人的にも大きく成長 した部分でした。 よい卵とは何なのか? どうしたら理想の卵が産まれるのか?

浮野養鶏 山田社長
浮野養鶏 山田社長

生産者の努力と知恵なんですね。 何度も何度も養鶏場に通い、山田社長 にご指導いただきました。卵の品質、 力、思いによってお菓子を大きく 変化させることができるんですね。 そして、今回の製品開発に大きく力を 授けてくださった方はフードエキス パートである長田絢さん。 企画から開発・販売方法に至るまでご協力いただきました。

長田 絢さん
長田 絢さん

彼女はテレビ雑誌などでご活躍されている 食のエキスパートで、長いお付き合いの 友人でもありました。 様々な食品開発のノウハウから、改めて食 の大切さを学ばせていただきました。 今まで私が作ってきた菓子、其々に思いが ありドラマがあり自信を持ってお客様に 食べていただけると自負しておりますが、 この『ほわれ』ほど私を興奮させ、苦しめ、 強くした菓子はありません。そしておそらく 今後もこの商品は現状にとどまらず、味も形 も変わっていくことを予想しています。   howare2 小ざくらや一清の菓子の追及はこの『ほわれ』にあり とあきらめて 「前と違う~~!!」 なんて怒らないでくださいね。 いろいろな場所でテスト販売を行います。 もちろん店舗でも行いますが 正式には、 もう少々お待ちください。 販売価格は200円(税込) 賞味期間は2週間 お味はプレーンとアーモンドを 予定しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です